THE CORE

ストーリー

アメリカ、マサチューセッツ州ボストン。この日の午前10時30分、ペースメーカーを身に付けていた32名の人々が一斉に突然死を遂げた。彼らに唯一共通していたのは、心臓につけていたペースメーカー。
翌日、イギリス、首都ロンドン。観光客の多いトラファルガー広場で、突然、大量の鳩が方向感覚を失い暴れはじめた。
ビルにぶちあたるもの、ショーウインドウや車のフロントガラスに突っ込むもの、急降下しそのまま墜落死するもの。瞬く間に路上は、無数の鳩の死骸で覆い尽くされる。
大パニックとなった現場の状況を伝えるBBC。同じような事件が、ちょうど1ヶ月前、日本とオーストラリアでも起きていた。
2日後、帰還直前のスペースシャトル「エンデバー」が大気圏突入に備えて準備を始めたその刹那、シャトルが軌道を外れ制御不能に陥る。
ダウンタウンの高層ビルをすり抜け、ロス市内を目指して降下し続けるシャトルは、なんとか不時着し、間一髪大災害をまぬがれる。
シカゴ大学で地球物理学の教鞭をとるジョシュ・キーズ(アーロン・エッカート)は、これらの不可解な異常現象を分析するうちに、地球内部の核(コア)の回転が何らかの理由により停止し、磁気に異常が発生していることを突き止める。
それは、25万年に一度、地球に訪れる未曾有の変化。5000度の地球の外核(アウターコア)がその向きを急に変え、磁場が逆転し、それによって地球を覆う電磁界が消滅してしまうのだ。
それは、磁場のなくなった地球が太陽光線をまともに受け、1年以内に焼き尽くされることを意味していた…。

おすすめ情報

[PR] 友達を紹介すればするほどポイントの還元率UP
[PR] ダイビングならAQROSで全部揃います!
[PR] 電力の自由化って?そんな疑問にエネチョイスが回答!

THE CORE[http://www.thecore.jp/]